【貸切露天風呂】有給休暇を利用して千葉の魅力を探す旅prat3~晩餐編~

低温調理チャーシューのピンク色のビラビラに興奮して正気を失いかける、錦糸町の大沢です。

ひy。
(*ノェノ)

ということで、今回も春休みの千葉旅行記prat3になります。
prat1prat2はコチラ)

予想を裏切るご馳走の数々・・・

『千葉の魅力を探す』が旅のテーマです。前回で、アクアラインから外房、またさらに内房へ行き南下するという、大移動をした後に、ようやくたどり着いた鋸南町のお宿の夕食です。

食堂に行くスタイルですが、個室なのでファミリーでも気を使わずに食事を楽しめます。

食前酒で乾杯し、前菜。

その後、真丈の椀の後に鮮魚の姿造り。

新鮮な魚が、どれも美味しいです。

そして、鮑の踊り焼き。

ひyです。

温める燃料に火をつけると動くので、娘は怖がっていましたw

さらに、金目鯛の姿煮。

こちらもインスタ映えしそうなビジュアルですが、味も美味いです。
目の上に山椒が乗っているのは、外国人対策でしょうか?
それとも、そういうプレイでしょうか。

さらに、蛤の粕汁。

筍の揚げ煮と続き、あおさの雑炊。

デザートもフルーツとシャーベットで2品。

味も良かったですが、拷問のようなかなりのボリューム。

正直、食事もあまり期待はしていなかったのですが、良い意味で完全に裏切られ、大満足の内容!

波の音に癒やされながら露天風呂でまったり

大満足の夕食の後は、いよいよ温泉です。

この宿を選んだ一番の理由が、貸切露天風呂があるという事なので、一番の楽しみです。

予約が直前だったので、客室露天風呂付きのお部屋はすでに満室だったのですが、複数ある露天風呂を時間で予約すると、貸切で使うことが出来るのです。いいですね。

オーシャンビューですが、夜なので景色はあまり見えません。波の音に癒やされます。

事前に見ていたホームページにはなかったサッシが海側に設置されていたので、露天風呂の開放感は少し物足りなかったです。

恐らく「風呂が寒い」と言う書き込みが多数あったので、ホテル側としてはそれへの対策だったのでしょう。が、「露天風呂が寒い」って。アホかと。じゃ、中の風呂でも入っとけや、ボケェと思う次第でございます。

お客様の声を尊重して改善する事は、とても大切な事ですが、一部のアフォみたいなお客様の意見を聞き入れて、そもそものコンセプトを曲げてしまうような事は、改善とはいえませんね。

なんて思いながらも、全然満足です。

明日の予定もノープラン

千葉の魅力を探す旅の一日目でしたが、ここまでは、かなり魅力を堪能できています。

次の日の行き先もノープランですが、明日はあまり移動せずにこの周辺で、千葉の魅力を探してみようかと思いながら夜が更けていきました。

つづく。

この記事を書いた人

貴志大沢
  • 大沢 貴志 ( / )
  • ラーメン。ラーメン。ラーメンが食べたい。麺はのむものです。ジロリアンではありませんが、ラヲタです。

大沢貴志が書いた記事