【大沢回想録⑪】絶体絶命の大ピンチが貧乏大学生に容赦なく襲いかかる!

こんにちは。昨日、行きつけのラーメン屋に2時間並んだなり。錦糸町のパラサイトおおさわっちです!では、今月もいってみよー。

一瞬の気の緩みが大惨事を引き起こす

前回、道路上の時間制限駐車区間に車を停め、パーキングチケットを貼ったまま一時間以上放置したというお話の続き。

そう、その一瞬の気の緩みと怠慢から生まれた隙を国家権力は見逃しません。

そろそろ移動しようと車に戻ると、あれ?ない。。。

確かに、この場所に停めたはずのワタクシの車がありません。その付近の違う枠に停めたのを勘違いしているのかと、あたりを見回しましたが見当たりません。

盗まれた!と思い、おまわりさんに電話しようとしましたが、車を停めていたその枠線内を見ると、張り紙が。。。

“お前の可愛い愛車は預かった。無事に返してほしくば、この電話番号に連絡せよ”

そう。ワタクシの可愛い愛車は国家権力の策略により、誘拐されてしまったのでした。まさかこんな白昼堂々と大胆な行為が行われようとは。

次々と押し寄せる試練

車がなければ仕事にならないし、仕方がないので指定の番号に電話すると、五反田のTOCまで身代金を持って一人で来いとのこと。

怒りと絶望の中、歩いてTOCの駐車場に行くと、愛車を返して欲しくば、まずはレッカー移動代という名の身代金15,000なんぼを払えと・・・

勝手に持っていっておいてそれかよと、叫びたくなるのを必死にこらえつつも身代金を払うと、ようやく愛車の居場所を教えてくれます。

さらに後日、身代金15,000円を郵便局で振り込めと紙を渡されます。それを払わないと、今度は車じゃなくて、お前自身をさらいに行くとの仰せ。

鬼畜です。
悪魔です。
鬼豚です。

ダメ押しで、愛車に乗ってTOCの駐車場を出ようとしたら、そこに運ばれてきてからの駐車料金も払えと。。。

ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁくぁwせdrftgyふじこlp

国家権力は、食うにも困っている貧乏大学生からも徹底的に搾取するのでした。もちろん文無しになります。身代金なんぞ当然払えません。

しかし、悪夢はまだ終わりません。

シートベルト2回と駐禁1回でテンパイだったワタクシは、この違反2点の合計6点で和了でございやす。ええ、車を運転する資格さえ停止になります。

もうドライバーではいられない・・・?

さすがにここまで徹底的に追い打ちをかけられると、もうドライバーの仕事は続けられません。次の日その旨を話そうとしたところに、メシア様が現れるのでした。

今でも尊敬するメシア様に、事務所のバックヤードの個室に連れて行かれました。

覇気がないまま仕事しているから、シバかれるんだなと思いきや、

「レッカーされたんだって?ほかのスタッフには絶対に言わないで欲しいんだけど、仕事中の不可抗力だったこともあるし、大沢っちは頑張っているから、そのお金は今回だけ特別に俺のポケットマネーから出してあげる。頑張って!」

神!
つーいでーにぃー♪
大きな一物をください♪
大きな一物をください♪
店のキャストが引くほどの♪
大きな一物を私にください♪

抱かれてもいいと思いました。今の私があるのは、尊敬するこの御方のおかげでもあります。

ということで、路上駐車はやめようというお話でした。

この記事を書いた人

貴志大沢
  • 大沢 貴志 ( / )
  • ラーメン。ラーメン。ラーメンが食べたい。麺はのむものです。ジロリアンではありませんが、ラヲタです。

大沢貴志が書いた記事