【行ってきました!AIR JAM2018④】いつも人生の節目でパワーをくれるハイスタ!!

どーも。錦糸町の大沢っちです。
今月も前回の続きで、大沢っちが思い入れのある【AIRJAM2018】に行ってきたってお話です。(⇒行ってきました!AIR JAM2018
いい加減、【AIRJAM2018】当日のことを書きたいので、今月はサクサクと進めます。

ハイスタとワタシ

【AIRJAM】の主催者であるハイスタには、自分の人生の節目節目でパワーを貰っていました。

2011年の衝撃の復活のときもそうですが、特に自分の中で勇気づけられたのが2016年。

東北での【AIRJAM】から4年が経過した時・・・自分はその頃にまた大きな転機を迎えていました。とある出来事があり、今までと仕事の環境が大きく変わり、さまざまなプレッシャーに押し潰されて、挫けてしまいそうな時期でした。

その日、ワタクシは顧問弁護士さんとの打ち合わせを終えて、駅までの道中に何気なくTwitterを見ていたら、“ハイスタ!16年ぶり!新曲!”の情報が!ハイスタがなんの事前広告もなしに、突如新曲をリリースしたのでした!

しかもタイトルが「Another Starting Line」!

速攻その足で、近くのタワーレコードに寄ったのですが、すでにそのタワレコでは完売。。。

しかも、“レコード屋さんに行くワクワクを思い出してほしい”というハイスタの思いから、通販は発売から2週間後まで解禁されないという煩わしさ。そのこだわりがカッコいいんですけどね。

やっとの思いで新作GET!

その日の仕事の帰り道に、ほかのレコード屋にも行きましたが、そこでも売り切れ。嫁にも協力してもらい、入荷したら取り置きしてくれるレコード屋さんで予約し、発売から3日後にようやくGETできました。

そして、さらにその歌詞がその時の自分自身の心境に、もろに合致してしまったのでした。

Can’t you see
It’s alright!
I can see
We’re alright!
Just another starting line
For you and me

完全にハイスタ、俺のこと見てるんじゃねーか?と思いました。

【AIRJAM2016】の開催地は福岡でした

そして、その年の年末には、【AIRJAM2016】の開催を発表。場所は・・・『福岡ヤフオク!ドーム』って無理!!

ということで、2016年も泣く泣く断念。

奇しくもその年は、熊本地震があった年ですが、もともと九州での開催は地震の前から決まっていたそうで、偶然だそうです。なんとも彼らの運命的なものを感じずにはいられません。

【AIRJAM】は自分にとって、そんな思い入れのあるフェスなんですが、結局今月も2018年のことは書くことができずに、お時間がきてしまいました。お後がよろしいようで。

また来月!

この記事を書いた人

貴志大沢
  • 大沢 貴志 ( / )
  • ラーメン。ラーメン。ラーメンが食べたい。麺はのむものです。ジロリアンではありませんが、ラヲタです。

大沢貴志が書いた記事