【大沢回想録⑥】地図もないまま大都会東京に放り出されて右往左往!!

こんにちは、おおさわってぃです。
先日の会議でオジキが「俺も最近はブログをチェックするようになったよ。大沢っちに何を書かれるかわからないからね(`・ω・´)キリッ」っと。完全にマークされております。
しかも先日はT氏から電話がかかってきて「T氏って俺のこと?」っと。四面楚歌です。接待攻勢でなんとか許してもらえないかと模索中です。しかしながら、書いてしまったことは仕方ないので、これからもガンガンいこうと思います。
ということで、今回も私の過去をほじくり返してみようと思います。
(これまでの軌跡⇒【大沢回想録】)

当時は左遷されたと思いました

前回、貫禄の髭キャップのT氏に拉致された続きです。

『白金プラチナ』がオープンして間もないからヘルプという建前ですが、使えないドライバーの烙印を押され、左遷されたってことなのかと当時は思っていました。

拉致と言っても、ワタクシが運転でT氏がナビシート。そして横浜からヘルプのタレント様も同行し、『白金プラチナ』を目指して、いざ東京へ。

当時はETCなどないので、首都高回数券で高速に乗り、羽田で降ります。東京都内を運転したこともないし、まったく地理がわからないですが、T氏のナビで無事に事務所到着。

そこで、メガネ風俗ヲタクの社員さんと、浜のベイマックス兼YOGラーメン部総帥こと、今でも親交の深い山中二郎氏との初対面。

ワタシ「あの〜、なんの準備もなく来ちゃったんですけど、東京の道とか全然わからないんですが・・・」
ヲタク「あぁ、大丈夫だよ!みんなそんなんだから!道のことならガチャ目シビックさんに聞けば大丈夫だから」
ワタシ「はぁ・・・」

何が大丈夫かわかりませんが、不安だったので山中二郎氏が同乗してくれることになりました。

大都会東京で右往左往

目的地は五反田のホテル『B-SIDE』。事務所から5分ほどです。右折禁止や一方通行にやや苦戦しましたが、山中氏のナイスフォローにより、難なくミッションコンプリート。

山中「全然問題ないね!」

と、何が無問題かわかりませんが、ともかく魑魅魍魎、四面楚歌、弱肉強食、酒池肉林の大都会東京に放り出されたのでした。東京の地図もないままに・・・

案の定、新宿から事務所まで通常25分の道のりで迷子になり、副都心線の工事にガッツリはまり、1時間以上かけて戻ったのは言うまでもありません。

長い一日が終わりを告げると思いきや・・・

ようやくたどり着いた事務所で、次のシフトの予定を聞かれます。

ヲタク「明日も13時に横浜事務所から、〇〇ちゃん連れてきてもらってもいいかな?」
ワタシ「え?一応、自分学生なんですが、また昼からですか?まぁ、行かないからいいのですが。というか明日って、オジキに週1~2回って聞いてるんですけど?」
ヲタク「大丈夫!浜には話つけてあるから!」

と、次の日からガッツリ週6東京勤務のシフトを組まれるのでした。まぁ、死ぬほど金欠だったので自分も了承したんですけどね。。。

そして、そろそろ帰宅時間かと思いきやファイナルミッション。T氏とヘルプのタレント様を横浜へお送りせよとのこと。どうせ帰り道だしと、余裕ぶっこいて横浜事務所へ到着。

ようやく長い一日が終わりを告げると思いきや、

「これから横浜のエース〇〇ちゃんの送別会だから。まさか大沢君、帰るわけないよね?」との仰せ。

・・・続く。

この記事を書いた人

貴志大沢
  • 大沢 貴志 ( / )
  • ラーメン。ラーメン。ラーメンが食べたい。麺はのむものです。ジロリアンではありませんが、ラヲタです。

大沢貴志が書いた記事