【青の洞窟に行ってみた】年次休暇を利用して沖縄家族旅行☆3日目☆

こんにちは。テキーラは3テキでノックアウト必至です。錦糸町の大沢です。
当グループはこの業界としては類稀である完全週休二日制という待遇に加えて、年次休暇も皆さんしっかり取得できちゃいます。ということで、前回の続きで沖縄旅行のブログです。

3日目の朝食

アリビラの朝食ビュッフェはとても美味しかった記憶があるので、期待していましたが、今回は正直微妙でした。

前回来たときは、マンゴー食べ放題とか、その他にも諸々良かったのですが、グレードダウンしてる感が否めません。

その理由もその現場に行ったらまぁおおよそ想像がつきます。以前と比べると、利用客の層が全然違う。客層というか、客の話す言語が違う。そう、客の半分くらいが外国人でした。一部の人間のマナーの悪さにゲンナリ。

まぁ、ホテルスタッフのホスピタリティは変わらないので、良かったのですが、ちょっとがっかりしました。

お腹いっぱいでも昼飯の時間はやってくる

気を取り直して、ホテル前のニライビーチで浜遊びをします。昨日まで大量にあった緑のアーサーのようなものは、潮の満ち引きの関係なのか今日はそれが無くて綺麗です。

そんなこんなでもう昼飯の時間です。全然腹減ってませんが昼飯です。だって予約してるんだもん。だってグルメツアーだもん。という事で、近くの食堂に行きます。

【島やさい食堂 てぃーあんだ】

やさしいお味の沖縄料理の定食屋さんです。のどかな雰囲気の中、腹いっぱいですが難なく食べられました。

お腹ははちきれんばかりですが、今日のメインイベントに向かいます。当初は、自分と息子だけでダイビングをしたかったのですが、一番下の娘もやりたいって言うからシュノーケリングに変更。

「青の洞窟」へ潜入!

真栄田岬の「青の洞窟」という観光客には有名なダイビングポイントです。

ダイビングショップでウエットスーツに着替えます。この時期はまだ水温が低いらしく2枚重ねです。

「青の洞窟」へは岸壁をつたいながら洞窟の中に侵入します。

洞窟を潜って水中から出口を見ると、外からの光が透明度の高い水により青く光るのでそう呼ばれています。


絶景です。リアルニモなんかも見られます。3歳の娘も全く臆すること無く楽しめたので、家族みんなの良い思い出になりました。

3日目にして拝めた沖縄の夕日

ホテルに戻ると、どっと疲れが出てきましたが、ここで寝てしまうとまた前日と同じように夕日を見られなくなってしまう危険があったため、疲れていましたが、ビーチに行きます。

ナマコ発見・・・

ここで、人材開発部のやまもと氏から着信あり。出るか迷いましたがwしばし電話で仕事の打ち合わせです。

電話を切ったぐらいに、ちょうど日没で、3日目にしてやっと夕日を拝めました。

曇ってますが。。。

夕日を拝んだら夕飯です。

【ミンタマ】

沖縄食材を使ったイタリアンです。ワインを飲んだら昼間の疲れもあり、ソッコー酔いが回ってしまいました。

つづく。

この記事を書いた人

貴志大沢
  • 大沢 貴志 ( / )
  • ラーメン。ラーメン。ラーメンが食べたい。麺はのむものです。ジロリアンではありませんが、ラヲタです。

大沢貴志が書いた記事