【テント、タープ、焚き火台…】キャンプ用品の選定から購入までの流れをご紹介

人材開発部のやまもとです!寿司が大好きな私は、ランチで『スシロー五反田店』へ行くことがたまにあるのですが、食べたいものを適当にオーダーしていくと、あっという間に3000円くらいになってしまいます。

「回転寿司で3000円も払うなら他でもっと旨いものが食べれたはず・・・」と、いつも回転寿司の戦略に負けていたため、先日「120円の皿しかオーダーしないぞ!!」という強い意志のもとスシローへ行きました。

私の意志は固く、120円の黄色いお皿が12枚ほど積み上がり「そろそろお会計かな・・・」と思っていた矢先、知り合いに「やまもとさん!」と声を掛けられ、黄色い皿のみを積み上げていることの”言い訳”を話す暇もあたえてくれぬまま、彼は見てはいけないものを見たような顔で足早に去って行ったのでした。

「完全にドケチ認定されたな・・・」とショックをうけたままお会計をお願いすると、お皿の数を数えに来た中国人スタッフが片言の日本語で、

「キロイ、オサッラガ、ジュニマイデ、ヨロシデスカ?!」

っと、再確認され「見りゃーわかるだろ!!」と言う気持ちを抑えつつ、『スシロー五反田店』をあとにしました。中トロや車海老も少し食べておくべきだったな、と後悔したある夏の昼下がりでした。

今年の夏は~

今年の夏は毎年恒例のクルージング、マリンジェット、ウェイクボードに加え、今年の1月からハマっている登山にも行ってきました。登山は今回で4回目ですが「登山のつらさは楽しさのうち!」、2ヶ月に一度くらいのペースで続けたいなーと思っています。

そしてさらに!今年はキャンプデビューもしました!今回の記事はキャンプ用品の選定から購入までを詳しく書いていきたいと思います!

キャンプ用品の選定まで

キャンプをするにも、私が持っていたのはバックパッカー時代にアフリカのケニアで購入した1人用のボロテントと寝袋、クーラーボックスのみ。今回は2人でキャンプに行くため、テントを含めすべて購入することにしました。

アウトドア系のサイトやアウトドア系の雑誌などに、前々から目を通していたため、購入したいものはほぼ絞られていました。いつもは何を購入するにもamazonでチャチャっと済ましている私ですが、実物を見て決めたい!という気持ちがあり、まずはアウトドア用品を豊富に揃えているショップ探しから。

調べた結果『WILD-1デックス東京ビーチ店(お台場)』が近くて品数も豊富そうだったため、ここに決定。ここで購入しようと決めていたのは下記の通り。

  • テント(2~4人用くらい)
  • タープ(2~4人用くらい)
  • 焚き火台(BBQもダッチオーブンも対応できるもの)
  • 椅子(2人分)
  • テーブル大
  • テーブル小
  • ランタン(ガス式)
  • ランタン(LED式)
  • ランタンスタンド
  • バーナー
  • 炭用トング
  • 食材用トング
  • 食器類
  • 調理器具類
  • 飯盒
  • コーヒーミル
  • ウォータージャグ
  • 炭/薪/着火剤
  • 耐熱グローブ

キャンプ用品の購入まで

『WILD-1』は期待通りの品揃えで、買いたいものも全て揃っていました。しかしながら買いたいものが多過ぎて、これらをすべて持って帰ることを想像すると、とても大変であることに気付きました。

また、ふとamazonと比べてどちらが安いんだろう・・・と思いスマホで調べてみると、一部商品を除き軍配はamazonに上がります。だったらここでは購入したいものを決めるだけにして、購入は無料で玄関まで運んでくれるamazonにしよう!という結論に。(『WILD-1』さん、すいません)

結果2時間くらい店内を物色し、何も購入せずにお店を出ました・・・駐車場代が1000円以上かかったので、せめて駐車場代が無料になる分だけでも何か購入しておけば良かった、と後悔。(やはりドケチ認定?w)

ではここで『WILD-1』に行って見て良かった点をまとめてみたいと思います。
 

  1. テントやタープ、その他諸々の“質感”を確かめることができた点
    ⇒写真だけでは質感まではわかりません。ブランドや商品によって全然違うため、思っていたよりショボかったり、高い物はやはり質感が良かったり、いろいろと気付くことができました。
  2. 椅子の座り心地、テーブルの高さなどを確かめられた点
    ⇒座ってみるとしっくりくる椅子から、しっくりこない椅子までさまざまでした。また、テーブルの高さについても、座ったときの高さと比較できたりするので良かったです。
  3. 付随して購入しなければいけないものに気付けた点
    ⇒私が購入したかったタープには、必需品である「ポール」が付属していないため、このポールを購入しないと使い物になりませんでした。また、テントのグランドシートやインナーも別途購入の必要があることに気付きました。

他にもテントやタープの張り網を地盤に固定するための「ペグ」は付属品に含まれてはいましたが、固めの地盤だと使い物にならないこともあるため、しっかりしたものを何本か購入した方が良いことを、スタッフさんが教えてくれました。

実際に購入したもの

それでは私が購入した物の一部を紹介したいと思います。

  • Coleman(コールマン)のナチュラルウッドロールテーブル120
  • Coleman(コールマン)の2500 ノーススター(R)LPガスランタン (レッド)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のヘキサ ステンレス ファイアグリル

以上、すべてはご紹介しきれいないのでこの辺で。


■最後に

いかがでしょうか?見ているとキャンプ行きたくなりませんか?!

夢見る乙女グループに入社して、一緒に「キャンプ部」を作りましょう!引き続き「クルージング部」「ウェイクボード部」「山歩部(登山)」の参加者も募集中です!

この記事を書いた人

やまもと
  • やまもと ( )
  • 横浜店、埼玉店で店長を経験後、人材開発部に配属となったやまもとです。美味しいものとお酒、そして何より遊びが大好きです。現在はタレントケアチームのチームリーダーも兼任しています。

やまもとが書いた記事