関東最大級夢見る乙女グループの男性求人 特設サイト

店長候補・店長の風俗求人情報は夢見る乙女グループ!

STORE MANAGER

店長/2008年9月入社 黒沼大介 Daisuke Kuronuma

店長/黒沼大介の画像

Q.グループを漢字一文字で表現するなら?

グループを漢字一文字で表現すると「夢」

当グループの冠文字だけに、すべてのことに当てはまります。お客様のため、女性のため、そして自分のため。すべての人に夢を与える仕事って簡単に見つかるものでは無いですよね。
目標も言い換えれば夢だし、人生設計だって立派な夢。公私ともにすべてのプランは夢に繋がるのではないでしょうか?

Q.入社したきっかけを教えてください

単純に思いつきです。
何か新しいことを始めたいと思い前職を辞めてからすぐに応募しました。具体的な将来の展望とか、こうなりたいとかは一切なくて、まったく想像のできない期待やワクワクだけで飛び込んだようなものです。
きっかけはあくまでもスタートラインにすぎないので、応募される動機はどんなことでもよろしいかと思います。

店長のインタビュー画像1

Q.入社する前のイメージは入社後にどう変わりましたか?

20代後半のときに入社したのですが、体育会系の年下先輩にコキ使われるイメージでした(笑)。それを覚悟の上で入社したわけですが、想像とはかけ離れた普通の方ばかりで正直拍子抜けしました。ホントに普通のオッサンばかり(笑)。
たくさんの先輩にご指導・ご面倒を見ていただき、僕が店長になった今でも変わらず、強力で協力的な仲間として一緒にお仕事しています。

Q.所属している店舗/部署の雰囲気はどうですか?

横浜エリアは、夢見る乙女グループ最高の団結力と自負しています。年齢が関係ないフラットな関係、積極的な発言が聞き入れられる場面が多く、これらは業務を120%遂行するために必要不可欠な環境です。
年功序列で個々の能力や良さが反映されない、言いたいことも言えないようでは未来はありませんからね。個性を伸ばすにはもってこいのエリアではないでしょうか。

Q.この仕事を通じて学んだことは?

コミュニケーション能力とマネジメント。この2点に尽きます。
仕事で学んだのは「コミュニケーション」、立場から学んだのは「マネジメント」。お客様や女性、スタッフさんなど、男女問わずさまざまな年代の方たちとのコミュニケーションを取ることがこの仕事の本質です。もともと、話下手(極度のです)だった僕が、人との会話を楽しむようになれたこと。単独行動しかできなかった僕が、女性やスタッフさん全体を見渡さなくてはいけなくなったこと。以上の2点はお店に育ててもらった僕の大切な宝物です。

Q.現在の評価制度には満足していますか?

満足しています。

Q.現在の福利厚生に満足していますか?

まだまだ整備の必要性を感じます。
目指すべきは一般企業と同等の福利厚生。

Q.こんな福利厚生あったらいいな!

社員旅行や家族で使えるホテル宿泊優待券など、仕事以外の充実なくして仕事の充実は感じえないはず。今以上にこの会社のために、そして仲間のために働きたい!と、思えるように継続的な環境整備は必要かと。
ただし、社会保険や寮完備を考慮すれば業界では一歩先を歩んでいるかと思います。

Q.仕事上の成功談と失敗談を教えてください

あえて成功をあげるのであれば、現在の立場についたことが成功ではないでしょうか。ただし、自分の力などは極僅かで、僕に仕事を教えてくれた先輩(もちろん、社員・アルバイト問わず)方や、チームとして一緒に仕事をしてくれる仲間のおかげだとつくづく思います。
僕一人だけでは決して成しえなかったことです。失敗談としては、マネージャーとしての責務を勘違いしていたこと。すべての業務を誰よりも理解して最前線に立つことではなく、チームでの個々の貢献度を高めることをここ1~2年ほどで学び直しました。

Q.今後どのようにグループを発展させていきたいですか?

各店舗内だけでなく、グループがチームとして一丸となって今以上に強く結びつくこと。完全などなく、常に進化をし続けて圧倒的な差を付けた日本一を目指します。
その為に僕がやらなくてはいけないこと、僕と僕のチームがやらなくてはいけないこと。すべての課題をクリアして上を目指します。

Q.10年後、グループはどうなっているかと思いますか?

どうなっているかなんてのは野暮です。希望的観測など一切不要で、どうしたいかだけで突き進みます。

Q.グループで働く魅力はどこですか?

新しく出来てはなくなりを繰り返すこの業界の中で、創業16年を誇る当グループの知名度と信頼度を背負って戦場に降り立った使命感のようなものですかね。自分のためではなく、お客様のため、女性のため、そして仲間のため。
決して楽ではないからこそ、他人のために心身すり減らして戦い続けることに大きな目的を見出しているような気がします。

Q.この仕事をここまで続けてこれたのはなぜですか?

さまざまな複数の要因が重なっているんだと思います。仕事は好きです。でも、それが一番ではないような気が。僕が育ってきた環境を共にした仲間に恵まれたこと。これが一番ではないでしょうか。
いつも面倒を見てくれた上司や先輩(今もそうですが・・・)、助け合ってきたチームの仲間、この人たちがいなければ、僕はこの場にいないでしょう。

店長のインタビュー画像2

Q.現在の目標、夢を教えてください

結婚して子供を作ること。一見仕事に関係ないようですが、大アリです(笑)プライベートの充実なくして人生の充実なく、仕事の充実なくして人生の充実はありえないと思っているからです。
上記2点が揃って初めて達成感を感じるのかもしれませんね。いつになるかわかりませんが、そのときが来るまでやるべきことをやっていきます!

Q.こんな人に入社してもらいたい

個性的な人。すべて秀でてなくて結構です。
何か一つでも他人とは違う突出した才能や能力を有する方。だって、なんか魅力的ですよねそんな人。思考が魅力を作り、魅力が人を作り、人が会社を作るわけですからね。

Q.こんな人はグループに合いません

合う合わないは問題ではありません。
仮に合わないのだとしたら、それはグループにとって希少な個性を持ち合わせた人材ということです。個性を存分に発揮し活躍できる場を提供いたします。この質問をネガティブに捉えず飛び込んで来てください。

Q.応募を考えている人に向けて一言お願いします

僕にもできたので、みなさんでもきっとできるはず。
早く僕のいる場所まで上がってきてください。共に戦いましょう。そして僕を抜かして、さらに上を目指してください。グループの繁栄はこれを読んでいる皆さんの手にかかっています。ごちゃごちゃ考えても無駄です。
すべては行動してから決めましょう。自分たちの未来を自分たちで、そして一緒に切り開いていきましょう!

店長のインタビュー画像3