関東最大級夢見る乙女グループの男性求人 特設サイト

店舗企画・開発部の風俗求人情報は夢見る乙女グループ!

STORE DEVELOPMENT

マネージャー/2012年8月入社 宮下宏育 Hiroyasu Miyashita

店舗開発部/宮下宏育の画像

Q.グループを漢字一文字で表現するなら?

グループを漢字一文字で表現すると「瑩」

成長力の非常に高い成果を挙げ続けているからこそ、今まで以上に自分高め「磨き」「ひかり」を放てるようなグループ。ワクワクしてやりがいのある風土。

Q.入社したきっかけを教えてください

国内外でボランティア活動などを行っていましたが、東京に戻ってから、まずは、すぐにでる仕事と思いドライバーのアルバイトからスタートしました。
店のHPなどを見た印象で、安心して働けそうな雰囲気だったのが、当グループを選んだ理由です。

店舗開発部のインタビュー画像1

Q.入社する前のイメージは入社後にどう変わりましたか?

風俗業にブラックなイメージを感じていましたが、入った瞬間に、そのイメージは覆されました。マナー、積極的で的確な業務処理、チームワークなど、目を見張るものがあります。
風俗という業界にありながら、社会のルールを厳格に順守しつつ、細部にまでわたって考え抜いて仕事を行う風土に刺激を受けました。

Q.所属している店舗/部署の雰囲気はどうですか?

目的や目標がハッキリしているので、全員それに向かって全力で仕事をしている姿勢がありますから、とてもいい雰囲気です。
表面的な協調性はなく、仲良しグループのようではありません。ときには激しく議論がぶつかるなどもありますが、向上心と行動力が旺盛で、とてもよい雰囲気です。

Q.この仕事を通じて学んだことは?

特に、女性からは学ぶことが多いです。女性の生活課題や現代の社会環境についての理解も深まりますが、良い結果を出していく仕事に対する考え方や取り組み方など、まだまだ学ぶことが多いです。

Q.現在の評価制度には満足していますか?

現状は満足です。透明性が高く、成果に基づいた公平なルールと仕組みになっており、評価制度にわからない部分がないためです。

Q.現在の福利厚生に満足していますか?

満足です。

Q.こんな福利厚生あったらいいな!

レクリエーション・余暇施設に関することは不要とおもわれますが、特に、既婚者や扶養家族がいる方に対してのニーズに合わせて、柔軟に給付内容を選択できるようにする、選択的福利厚生制度があるといいかもしれません。
たとえば、育児に関する手当や休暇、財形貯蓄制度、自己啓発関連への補助金などです。

Q.仕事上の成功談と失敗談を教えてください

大きな失敗、成功はありませんが、細かな失敗と小さな成功はよくあります。
ドライバーでは、道を間違えて遠回りしてご案内が遅れるとか、受注での予約ミスほか、細かい失敗についても反省し、常に修正し、同じミスを繰り返さないやり方を身につけていくことが、小さな成功を積み重ね、結果として成果へとつながっています。

Q.今後どのようにグループを発展させていきたいですか?

できれば日本一接客対応が優れているグループにしたいです。

Q.10年後、グループはどうなっているかと思いますか?

それはわかりかねますが潰れていないことは確かだと確信をもっています。

Q.グループで働く魅力はどこですか?

成長が止まらないということです。
事業の成長は働くうえで一番の関心ごとですが、今後も驚くほどの成長が身をもって感じられることが一番の魅力で、私生活も仕事もエンジョイしています。

店舗開発部のインタビュー画像2

Q.現在の目標、夢を教えてください

お客様の生活で、なくてはならない存在として頼りにされ愛される日本一の事業を行っていくことと、また、女性をとりまく社会の問題(特に「仕事」「住居」「保育」)について、優れたセーフティネットを構築し、少しでも解決をはかって、多くの女性・子供が安心して暮らしを謳歌できるように力を注いでいくことです。

Q.こんな人に入社してもらいたい

いろんなことが出来なくても、ひとつ興味を持てたり、得意分野があったり、または、元気と笑顔だけが取り柄というのも大歓迎です。
そして、前のめりになるほどの行動力があり、出る杭になる!という方もとても魅力的です。

Q.こんな人はグループに合いません

失敗を他人のせいやモノのせいにしたり、不都合なものごとから目をそらして自分自身を省みようとしなかったりする方は、チームの一員として歓迎できないですね。

Q.応募を考えている人に向けて一言お願いします

業界未経験の方は、「(風俗業なのに)こんなにしっかりしているの?」と、驚かれるはずです。私がそうでした。
やりがいのあるビジョンに、共にワクワクできる仲間もいます。困難なことさえも、最高に楽しんで仕事ができてしまう環境です。

店舗開発部のインタビュー画像3