年次休暇を利用して沖縄宮古島へ家族旅行Part1【計画~1日目】

飛行機から見た富士山

錦糸町エリアの大沢です。

弊社では完全週休二日制という
この風俗業界では類稀な待遇に加えて、
夏期と冬期の年2回の期間中に
年次休暇もしっかり取得できちゃいます。

自分の場合は、それを利用して家族旅行に行くことが多いのですが、
今回も家族で沖縄本島から更に南西に約300kmに位置する

サンゴ礁に囲まれた島、宮古島へ3泊4日の家族旅行に行ってきました。

■旅行計画

まずは、旅行計画からです。
自分の場合は約半年前から計画を立て初めますが、
目的地の選定からですね。

コンセプトは「ゆっくりとだらだらしたい」に決定。

行き先は沖縄県宮古島に決定

自分の希望は”南の島”です。
嫁は、子連れで小さい子もいるので外国はちょっと不安。

そうなると小笠原諸島か沖縄に絞られ、
長時間のフェリーも不安があったので、沖縄に決定。

沖縄本島は何回か訪れたことがあるので、今回は「離島に行きたい!」
ということで、
石垣島・小浜島・西表島方面の八重山諸島か、宮古島に絞られました。

石垣島にはあまり泊まりたいホテルがなかったことと、
西表島と小浜島はフェリーが、、、
ということで今回の目的地は宮古島に決定しました。

宮古島のリゾートホテルを選定

続きまして、ホテルの選定なのですが、
ご存知トリップアドバイザーやじゃらん、
Relux(リラックス)というホテルサイトなどの口コミを見ながら選定。
良さげなリゾートホテルって子どもNGなところが結構多いんです(;´Д`)
大きい島でもないので、ある程度絞られてしまいましたが、
比較的規模の大きめなリゾートホテルに決定。
ここまでを3ヶ月前までに済ませて予約をしました。

後は、行ってみたい場所とやりたいこと、
食べたい物や昼食と夕食の候補をピックアップします。
それらをGoogle Mapの付加機能のマイマップに入力し、
地理的なことを考慮しながら訪れる順番を決めます。
それが決まったら、Googleスライドでタイムテーブルも踏まえた
「旅のしおり」を作成しちゃいます。

グーグルドライブなら現地でも携帯で全部見れるので便利です。
それらをだいたい1週間くらい前までに仕上げて旅行に備えます。

ここまで決めておかないと、
見知らぬ地で路頭に迷い自分の機嫌が悪くなり、
嫁と大喧嘩になることは間違いないからです。

■出発

旅行の前日は、業務に支障が出ないように可能な限りのできる事を片付け、
予定されていることは引き継ぎぐ等で結局深夜までかかってしまいました。
飛行機の出発が朝6時台のため、寝ずに羽田空港に向かいます。

羽田空港から那覇空港へ

過去に成田空港発のLCCで沖縄に行った時は、
成田まで遠いし、帰りの飛行機も超遅れて深夜に着くしで色々と大変だったけど、
今回は羽田空港なので近くて楽ちんだわぁ。
飛行機もやっぱANAが良いわよねぇ、
などと思いながら、いざ飛び立ちます。

寝てないので機内で一眠りすれば良いやと考えていましたが、
眠いはずがテンションMAXで全然寝れない。

子供かっ!
ということで
富士山が綺麗に見えました☆

飛行機から見た富士山

那覇空港から宮古空港へ

ANA便は宮古島への直行便はありませんので、
一度、那覇空港で乗り継ぎをします。
乗り継ぎ待ちの時間で、タコライスと沖縄そばのセットをかっこみます。

タコライスと沖縄そば

食べログの評価はそれほど悪くなかったのですが、
所詮空港の食堂なんで、味はまぁ。。

■宮古島に上陸

那覇空港から更に飛行機で1時間。

ようやく宮古島に到着です。

小規模な空港ではレンタカー会社のスタッフと、
「まもる君」がお出迎え。

宮古島の空港

白っ!コワっ!!

宮古島の最東端「東平安名崎」へ

今回の旅のコンセプトは
“何もしない”
ということでホテルでダラダラ過ごすのが目的です。

が、ホテルのチェックインの時間まで少しあるので、
とりあえず島の最東端に来てみました。

【東平安名崎】灯台の上からの景色

東平安名崎

絶景です!

しかし天気は曇りで風も強く、
晴れていればもっと綺麗なんだろうなぁと、
自分の”雨男”ぶりを恨みながら東平安名崎を後にし
宿泊先のホテルに向かいます。

全室スイートルーム

今回のホテルは全室スイートルームのホテルでござる。

エントランスまでのアプローチ

宮古島のリゾートホテル

宮古島のリゾートホテル

いいですねぇ

チェックインのときに出してくれた
ウェルカムドリンクのグアバジュースが、更に南国感を演出します。

そして宿泊のお部屋へ

宮古島のリゾートホテル

いいですねぇ

宮古島のリゾートホテル

おひる寝用デイベッドがいいですねぇ

さぁ
これから何してやろう、、、
щ(゚д゚щ)

2につづく。

弊社は完全週休2日という、この業界では類稀な待遇に加えて、
年次休暇もしっかり取得できちゃいます。

この記事を書いた人

貴志大沢
  • 大沢 貴志 ( / )
  • ラーメン。ラーメン。ラーメンが食べたい。麺はのむものです。ジロリアンではありませんが、ラヲタです。

大沢貴志が書いた記事