そば屋ですが、うどんもイケる!!【ラーメンネタに対抗Part7~番外編:かまくらそば~】

そば屋で食べるうどんもおつなもの

今回も番外編となります。ご案内させて頂くのは引っ越し先の大船駅構内にある「かまくらそば」さんになります。「うどんネタのくせに、そば屋かよ!」って声が聞こえそうですが^^;

【店名】かまくらそば 大船駅
【予約】予約不可
【住所】神奈川県鎌倉市大船1丁目1−1 JR大船駅(改札内)
【営業日/営業時間】7:00~22:30(日21:30時まで)
【定休日】年中無休

実は前回、自宅で作る春菊天うどんをご紹介いたしましたが、「かまくらそば」さんの春菊天うどんも絶品なんです!

店構えも駅の立ち食いソバとは違い、シックでどこか田舎の名店を思わせる佇まいです。おそばの美味しいお店だとは思いますが、どうしても食指がそそられず、うどんに走ってしまいます。

駅構内で手軽に食べられ、値段もお手頃なのでついつい寄ってしまいます。天ぷらに関しては思いのほか本格的で、写真を見て頂いてもわかる通り、春菊も贅沢に葉の部分をメインに使用しています。

メインのうどんに関しましては、讃岐うどん好きの筆者には若干物足りない柔らかめのうどんですが、駅構内のそば屋としては十分、金額的にも納得のおうどんです。

どうしても好物の春菊天を選んでしまいます

まずお店の引き戸を開けると、最近では当たり前になりつつある券売機があります。希望の品を選びますが、思いのほか種類が多くて迷ってしまいました(*^_^*);

様々あるメニューの誘惑を払いのけ、やはり好物の春菊天のボタンを押しました。カウンターに持っていくと、注文が入ってから天ぷらを揚げてくれます。やはり!!揚げたての天ぷらに勝るものはありませんね(‘-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*) ウンウン

関東風の濃い出汁ですが美味しいです

待つこと数分(普通の立ち食いそばのように数秒で出てくるより、しっかり作ってくれている感が好きです)、揚げたての春菊天が乗った関東風のうどんが出てきました。出汁の色は讃岐や関西風とは違い、若干濃いめですね!

そういえば関西から上京して来た頃・・・30年ほど前になりますが、そば屋に入り、真っ黒なうどんが出てきた時には、あまりの衝撃に一口も食べずに逃げて帰ったのを思い出します。今となってはなんであんなにもったいないことをしてしまったのだろう・・・って(〃’∇’〃)ゝエヘヘ

しかし、最近は昔ながらの真っ黒なうどんも見かけなくなってしまいましたね。若い人なんかは、東京に住んでいても知らない方が多いのでは?

若干、濃い出汁にも最近は慣れて、美味しく頂いております。「かまくらそば」さんもその一つ、最近の関東風そば屋さんですね。

ズズズ
ズズズズ
ズズズズズ~
ぷはぁ~~~

味は、

  • 麺の硬さ  1・・3・・・5
  • うどん出汁 薄・・・中・・濃

今回も美味しくいただきました^^

次回は本編に戻り「高田馬場:讃岐うどん 蔵之介さん編」です。お楽しみに^^

この記事を書いた人

T J

JTが書いた記事