入社して初めてのタレント面接がとても難易度の高い面接だった話

風俗面接

平日から朝方まで飲み明かす事の多い「やまもと」です。人材開発部は11時~出社なのでそれが可能なのです。

人材開発部のある五反田周辺はもちろんですが、その後は大抵「西麻布」や「六本木」へ。最近では「恵比寿」も戦地になっていますね。

詳しい事はここには書けませんが、年間テキーラ消費量グループNO1と自負しております。

2005年2月 やまもと、社員になる

前回の記事「デリヘル嬢の甘い誘惑。とあるデリヘルドライバーの悩み。」の続きですね。
なんだかワクワクしちゃうタイトルでしょ?まだ読んでいない方はこちらを先にどうぞ。

私が社員になったのはドライバーとして入社してちょうど1年経った頃でした。
沿革と一緒に見ると分かりやすいですね。

夢見る乙女グループ沿革

1999年9月 : 横浜関内にて創業
1999年9月 :「横浜夢見る乙女」オープン
2003年11月:「白金プラチナ」オープン

2004年2月 : やまもとがドライバーとして入社

2004年4月 :「品川夢見る乙女」オープン
2004年12月:「広尾アロマプリンセス」オープン

2005年2月 : やまもとが社員になる

2005年2月 :「横浜アロマプリンセス」オープン

そうなんです、私が社員になった月というのは横浜店で2店舗目となる
横浜アロマプリンセス」がOPENした月なんですね。

新店舗がOPENするという事もありましたが、やはり社員になって仕事の幅が大幅に増えました。
では、具体的にドライバーと社員の仕事内容の違いを見てみましょう。

ドライバーと社員の仕事の違い

ドライバー

  • 女性の送迎
  • 事務所の掃除(待機室、トイレ、キッチン、撮影スタジオ含む)
  • 洗濯
  • 備品(オプション品など)の洗浄、補充
  • 備品の管理、発注、買出し
  • 電話受付
  • メールの返信
  • 配車(ドライバーへの指示出し)

※洗濯について※
当時は居住用マンションに事務所がありましたので、コスプレやお客様の元へお持ちするバスタオルを家庭用洗濯機で洗い、浴室乾燥とベランダで乾かしていました。笑

 

社員

上記に加え、

  • 女性の面接
  • 女性の講習
  • 女性の教育、指導
  • 女性のシフト管理
  • 女性との面談

というように、女性ありきの商売ですから当然に女性と接する業務が多岐に渡ります。

はじめての女性面接

2005年頃のある日の夜。横浜駅西口のファミリーレストランへ出張面接、そして体験入店希望、しかも2人組みでした。汗
当時は今ほどデリヘルが一般的なものでなかったので、女性としてはファミレスなら安心だろうと言う思いがあったのでしょう。

通常面接を始めるにあたりましては・・・

通常はですね、事前に把握しているプロフィールなどから「おそらく不採用だろう」と思われる女性や、上司が面接室に通してその段階で「不採用だな」と判断した女性とか
そういう女性の面接から練習を始めていく訳なんですが・・・

まースパルタな上司だったというか、ある意味ゆるかったというか・・
「やまもとくんなら大丈夫、行って来て~」
みたいな軽い感じで面接を任される事になりました。

あまりピンと来ないかもしれませんが、知っている人からしたら驚きですよ。初回でこのパターンて。
しかもですね、1人は完全に採用レベル、もう一人は完全不採用レベルという・・・

さらに体験入店希望という事は面接の中で採否を伝えなければならない訳です・・・
これ、最も面接官を悩ませるパターンなんですよ。

最も面接官を悩ませる面接とは

2人の女性

2人組みで面接に来る子というのはほとんどが2人で一緒に働きたいと思っている訳です。
ですがこちらは横浜で一番女性の質が高いお店という定評をいただいていましたし、1人は採用する訳にいきません。

さてどうしましょう。
こういうパターンでは必ず2人別々の部屋で面接をするというのが鉄則です。
(でもここファミリーレストランだし~(汗)という当時の思いは忘れましょう)

そして採用側の子には正直に話します。友達は採用できないが貴方にはどうしても働いてもらいたい。という強い思いをぶつけるのです。

「貴女は横浜で一番と言われる当店に相応しい女性です!貴女ならご希望の期間内にご希望額以上必ず稼げます!」
「貴女の為にスタッフ一同誠心誠意を尽くします!どうか当店に入店してください!!」

という感じですね。プロポーズした事はありませんが、プロポーズ以上の強い気持ちを相手に伝えます。
女性は押しに弱いですから。そして必要とされたいと思っていますから。

ここでポイントは採用側の子と不採用側の子の今後の関係性を悪くさせないためにどうすべきか?という事です。
それをクリアできる策が見つかれば採用側の子は入店を決心してくれる可能性がグンと上がります。

逆に「お友達にはもう不採用とお伝えしたんですが・・」なんて言うのは全体NG。お友達の機嫌は悪くなり、採用側の子はそれを気遣い「採用辞退」なんて結果になってしまうのです。
なんか面接マニュアルみたいになってしまいましたが、なんだか難しそうでしょ?

こんな感じで毎日毎日色々なパターンの面接をしているとどんどん上達していきます。採用したかった女性と連絡が取れなくなってしまったり、失敗も多く経験しましたが面接は楽しかったですね。

風俗の講習

面接して採用者が出ると次は講習ですね。

風俗の講習」と聞くだけでビンビンしちゃうそこの貴方!
慌てるでありません。

「こんな事ブログに書いちゃっていいの?」って社内から声が上がりそうなほど濃い~内容にしようと思うので次の記事まで待ってください。
ではまた、続きで。

この記事を書いた人

やまもと
  • やまもと ( )
  • 横浜店、埼玉店で店長を経験後、人材開発部に配属となったやまもとです。美味しいものとお酒、そして何より遊びが大好きです。現在はタレントケアチームのチームリーダーも兼任しています。

やまもとが書いた記事